BREAKTHROUGH発想を学ぶ

新しいプラスチックで、何をアウトプットすべきかを明確にすることが大事宇山 浩<連載第2回(全4回)>

2018.12.20

SHARE
  • facebook
  • twitter

前回は「石油以外のものからプラスチックを作り出す」研究の第一人者である宇山教授に、プラスチックの定義や特徴、日本の企業とプラスチックの関わりなどを語っていただいた。プラスチックが世界的に問題視される中、プラスチックの代替となるバイオプラスチックが今注目されている。このバイオプラスチックとはどんなものだろう?
第2回目は「プラスチックの未来。新しいプラスチックの可能性」をテーマに語っていただいた。


バイオプラスチックとはどんなものなのか

石油からつくられるプラスチックが問題視されていることもあり、バイオプラスチックが今、話題になることも多いと思います。バイオプラスチックには2つの種類があって、一つ目は微生物によって生分解される「生分解性プラスチック」です。この生分解性プラスチックは、プラスチックでありながら、土の中の微生物によって分解されるため、最終的にゴミになったプラスチックが二酸化炭素と水に還ることができます。
もう一つは「バイオマスプラスチック」です。この“バイオマス”とは再生可能な生物由来の有機性資源のことをいいます。代表的なバイオマスプラスチックは、トウモロコシなどに含まれるデンプンが主原料のポリ乳酸があります。トウモロコシのような植物であれば、石油と違って資源が枯渇する心配がありません。また原料が植物であれば、二酸化炭素を増加させない“カーボンニュートラル”にも貢献できるため注目されています。バイオマスプラスチックの研究・開発は私の研究室の一つの柱になっています。

※バイオプラスチックの概念と役割。バイオプラスチックは「生分解性ブラスチック」と「バイオマスプラスチック」の二つの総称である
出典:日本バイオプラスチック協会『バイオプラスチック概要』
※カーボンニュートラルとは、生産や活動を行う場合に排出される二酸化炭素(カーボン)の量と吸収される二酸化炭素の量が同じ量であること

バイオマスプラスチックは、石油の枯渇問題に関わることなく、さらに“カーボンニュートラル”に貢献できるのであれば、新しい可能性を秘めているといえる。それではこのバイオマスプラスチックを含めた新しいプラスチックの企業との関わりは、現在どのようなものなのか。

日本企業とバイオプラスチックについて

国内でバイオプラスチックの生産開発を進めている大手企業は数社あります。新たなプラスチック素材としてビジネスを確立するとなると、大手企業の場合、相応の生産量が求められるため、設備投資の面で難しい部分もあるのではと思います。
バイオプラスチック導入の身近な例でいえば、大手飲料メーカーが一部のペットボトルラベルに、バイオマスプラスチックであるポリ乳酸を使用しています。また流通大手のスーパーで取り扱う卵パックもポリ乳酸を使用していますね。
その他、自動車のシートやパソコンの筐体など、様々なものに使用することも可能です。新しいプラスチックであるバイオプラスチックで何をつくるべきかのアウトプットが明確になれば、もっと使用する機会が増えるのではないかとも思います。製品の幅を広げる意味では、フットワークが軽く、成形技術に強い中小企業さんなどの方が対応しやすいのではないでしょうか。

※日本のバイオプラスチック出荷量推計(2017年)
出典:日本バイオプラスチック協会『バイオプラスチック概要』

プラスチック代替のために何かをつくるのではなく、何をつくるかを明確に定義したうえで、バイオプラスチックが必要とされなければいけない。様々な製品に使用できるシーズがあったとしても、世の中に求められるニーズがなければ広く浸透するのは容易ではないということだ。

新しいプラスチックの可能性について

プラスチックをバイオプラスチックに代替することは、まだ時間がかかると思います。日本の製品はやはり性能に重きが置かれています。特に中小企業さんの場合は、価格を上げにくいのではないでしょうか。プラスチックよりもバイオプラスチックの方が、圧倒的に性能が良く、低価格であればもっと浸透していくのではと思います。さらに環境に配慮の点があれば、いうことはないと思いますが、現状での採用はなかなか難しいことも事実です。 とはいえ分野によっては展開が望める場合があります。例えば化粧品やサプリの容器への使用など、イメージ戦略が重要になる製品であれば、バイオプラスチックの使用が、環境への配慮の点で一つのブランディングにもなります。こうした分野に採用されていけば、それがきっかけになってもっと浸透していくかもしれません。

取材日:2018年11月5日

<連載第2回・完>

 

連載

第一回 プラスチックが現在の化学工業をつくったといっても過言ではない

第ニ回 新しいプラスチックで、何をアウトプットすべきかを明確にすることが大事

第三回 産学連携では、大学と企業の双方が信じあえることがベスト

第四回 「オープン・イノベーション」の概念でプラスチック代替のアイディアを


宇山 浩(うやま・ひろし)

1962年 神戸市生まれ。京都大学工学部卒。同大学院大学大学院工学研究科修了。花王株式会社の研究員を経て、88年東北大学工学部助手となる。97年に京都大学大学院に移り、工学部工学研究科助手、2000年工学研究科助教授となる。2004年より大阪大学大学院工学研究科応用化学専攻教授。高分子材料化学の専門家として、中小企業をはじめとする様々な企業と研究・開発を進めている。

<受賞歴>
・高分子学会 Polymer Journal 論文賞(平成7年)
「Dispersion Polymerization of N-Vinylformamide in Polar Media. Preparation of Monodisperse Hydrophilic Polymer Particles」
・日本化学会 進歩賞(平成9年)
「酵素触媒を用いる新しい高分子合成反応の開拓」
・日本農芸化学会 農芸化学研究企画賞(平成17年)
「再生可能な植物資源を基盤とする新規グリーンポリマーの開発」
・第8回バイオビジネスコンペJAPAN 最優秀賞(平成20年)
「安価なバイオマス原料からのポリ乳酸系新材料の開発」
・高分子学会 平成29年度三菱化学賞(平成29年)
「植物油脂を用いた機能性高分子材料の開発」

SNSでシェアしよう

関連記事