中小企業の製品・技術・サービスを世界に!

BREAKTHROUGH成功事例 

ブース来場者が抱える悩みを解決。新たな企業とマッチングで会社が幸せに株式会社タムラ

2017.03.27

SHARE
  • facebook
  • twitter

愛知県春日井市に位置する『株式会社タムラ』は、マシニングセンタやNC複合旋盤類による金属加工を得意とする企業だ。精度の高い加工に定評のある同社にとって、新価値創造展への出展はどのような意義があったのだろうか。代表取締役である田村勇作氏にお話をうかがった。

「難しい仕事」を積極的に取りに行く

受託加工を主な業務とする株式会社タムラが製造する部品は、実にバラエティー豊かだ。半導体や液晶を製造する機械、ロボット、搬送機器など、高い精度を求められるものづくりに取り組んでいる。

「機械の駆動系など、ある意味"つくりにくい"、変わった部品が得意です。設備としても、CNC複合旋盤をはじめ同時5軸マシニングセンタなど、最新鋭の機械を幅広く取り揃え、それが活かされるような難しい部品を受注するようにしています。多品種変量生産、そして、ほかではできないような加工こそ我が社の強みだと思っています」

ものづくりは「つくって終わり」ではない

さらに株式会社タムラの製造する部品の魅力は、その品質や精度だけではない。田村氏は『保証』にも力を入れているという。

「三次元測定などによる検査記録を提供し、寸法や品質を保証しています。自分たちが作ったものを保証することは僕たちの責務であり、これからの日本のものづくりメーカーは起承転結、最後の"結"の部分までをしっかりとフォローしていく必要があると考えています」

営業・業務管理もまた信頼につながる

保証までをしっかりと行うことで、企業の責任感や存在感を発揮できると考える田村氏。もう1つ、営業や業務管理の努力もまた、お客様からの信頼につながると考えているという。

「商談会や、インターネットなど様々なアプローチで我が社の得意分野をアピールしてきました。また、それでお客様が興味を持って工場にいらした時に、やはり汚いよりは綺麗な工場のほうがいい。掃除にはかなり力を入れていると思います。設備についても、他と差別化できるような機械に多く投資してきました。整然とした工場にユニークな機械が並ぶ。『面白いね』と思わせる工場であることが、信頼にもつながっていくと考えています」

キャッチボールは投げなきゃ返ってこない!展示会でチャンスを

営業のツールとして、もう1つ田村氏が重要視しているのが展示会だ。新価値創造展への出展についても大きな手応えを感じたという。

「とにかく展示会には積極的に出展するようにしています。ビッグサイトでの新価値創造展は、成果がありました。まず自社技術に興味やお困りごとを抱えて見にきていただくこと自体に価値を感じますね。名刺をいただけるということは、そこに何かの需要があるのだと考えています。その後、営業展開へ結びつくこともありますね。展示会では、自社が持つ技術をいかに見せるか、お客様のニーズに合ったものを打ち出すか、そしてマッチングしていくかが大切だと思います。やはりキャッチボールは投げなければ返ってきませんから」

自社の技術に自信をもっていても、自社商品を持つ企業とは違い委託された製品を簡単に営業ツールとして公開するわけにはいかない。新価値創造展をはじめとする展示会は、規模が大きいショールームだと田村氏は思っているのかもしれない。

技術を磨きチャンスをつかむ「幸せな工場」

最後に田村氏のものづくりやビジネスに対する思いをうかがった。

「技術を磨いて、その結果がお客様の『いいよね』と一致すれば、と。我が社は規模としては大きくありませんが、多品種変量生産や、変わった部品の加工などの個性を追求することで、大企業とも直接の取引口座を開設することができています。それが風通しの良いビジネスや、思いを反映したものづくりにつながっているのではないでしょうか。また、1つのエリアで仕事をするときは、周辺の企業も攻めてきました。それがだんだん広がって、現在は近隣地域だけでなく九州や関西、中国地方など各地のお客様ともお付き合いがあります。展示会でもそうなのですが、出会いを生かしてチャンスをつかんでいくことが大切ですね」

リーマンショックなど苦しい時期を経験しながらも業績を伸ばしてきた自社について、田村氏は『幸せな製造工場』だと評価する。また、会社の幸せに繋がる新たな企業との出会いには、新価値創造展が大きく貢献していた。

田村氏のお話をうかがい、その"幸せ"は運によりもたらされたものではなく、たゆむことのない企業努力と、新しい技術への挑戦心に裏打ちされたものであることが強く感じられた。


田村勇作 代表取締役

企業情報

株式会社タムラ

マシニングセンタやNC複合旋盤類などによる機械加工をやっております。精度は、製品にもよりますが通常受注品のひとつとして1,000分の5ミリ程度で加工しております。SUS、鉄、アルミ、銅、耐熱鋼、樹脂など幅広い材質対応が可能です。最新の同時5軸加工機も複数台導入して、どんな加工も対応できます。

企業情報ページはこちら

SNSでシェアしよう

関連記事