BREAKTHROUGH

先進技術を活用する「VRツアー」、「ライブカメラ買物システム」を搭載したCMS「@WEB」は、ビジネス成功保証付きの自信作株式会社つくばマルチメディア

2018.12.13

SHARE
  • facebook
  • twitter

矢印をクリックし上空散歩を楽しめる「VRツアー」。下向き矢印で着陸し、360度の景色も堪能できる

summary

  • 創業以来、今まで見たことのないシステムの開発に邁進
  • 誰でも簡単にホームページ運営ができるCMSで、ビジネスを成功に導く

世界がWindows95に沸いた1995年、株式会社つくばマルチメディアは創業した。代表取締役の小田部文彦氏は、いわゆる“IT畑”出身ではないが、つくばの研究者たちと交流するうちに、「これからはインターネットの時代だ」と感じたという。

同社創業の3年前、1992年には、文部省高エネルギー加速器研究機構 計算科学センター(当時)の森田洋平博士が、日本最初のホームページを発信。まさに、インターネットの黎明期だった。現在、日本最初のホームページは、同社社員によって管理されている。

いずれ、インターネットは当たり前のものになる

同社の開発力は、時代を先取りしていた。1998年には、パソコンで更新すると自動的にサーバーに保存される「@更新」を開発。これは同社が現在も注力するCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)の基礎となるものだ。

このころ、すでに小田部社長は「いずれ、全国のどんな地方にも高速回線が引かれ、インターネットが普及する」と考えていた。「そのとき、農家や小さな商店の方はホームページを運営できるのだろうか。誰でも簡単に扱えるツールを開発しなければならない」と。

多彩なアイデアを開発力で実現する同社代表取締役 小田部文彦氏

グーグルストリートビュー公開の前年に

同社は創業以来、先進技術の開発を行い、これまでに11件の特許を取得している。
最初の特許は、2006年に登録された「地図誘導映像システム」だ。地図上で2つの地点を指定すると、最短経路を探索し確定。その経路を進む動画が閲覧できる。カーナビゲーションとグーグルストリートビューを合体させたようなシステムだが、静止画をつないだグーグルストリートビューが公開されたのは2007年。それより早く、動画でシステムを確立していた。

この特許技術はさらに進化し、2014年度経済産業省の「ものづくり・商業・サービス革新補助事業」に採択された「天球映像撮影車システムと全天球走行映像地図・構図等誘導システムの開発」へとつながっていく。2016年に完成した全天球映像撮影車は、複数のカメラで撮影するため、真下を含む360度の全天球映像を撮影できる。

全天球映像撮影車V-360。頭上と後方に設置されたカメラが360度撮影を可能にする

さらに、全天球映像は、冒頭にある「VRツアー」へと発展する。ドローンで撮影した映像の中を、空を飛ぶようなイメージで進み、下向きの矢印をクリックすれば、地上に降り立つことができる。カーソルを動かすことで、その地点から見た360度の映像を堪能できる。

ゴーグルを装着すればVRとして3D映像を楽しむこともできるこのシステムを用いて、2018年11月中旬には茨城県が、2019年早々には北海道がVRツアーを公開する予定だ。

商品をカメラの前に置けば、24時間営業の店舗ができる

創業当時から、誰でも簡単にホームページが運営できればと考えていた小田部社長。
そこで同社は、個別の商品を撮影しなくても、たとえば商品棚をカメラやビデオで撮影し、USBケーブルでパソコンに接続。取り込んだ画像のうち、必要な部分指定するだけで、画像が保存できる「ライブビルダー」を開発した。

その後、開発は進み、被写体認識ライブカメラ通販システム「ライブストア」に発展する。ビデオカメラで撮影されるライブ映像を見て、顧客は、気になった商品をクリックする。すると、個別の商品写真と価格や説明などが表示され、購入できるというシステムだ。店主にITのスキルがなくても、商品をカメラの前に置くだけで、24時間営業が可能となる。

ライブストアの個別写真。左の操作パネルで顧客が自由に動かし、時計の裏側まで見て購入を決定できる(サンプル)

誰でも簡単。そのうえ、アクセス数アップのビジネス成功保証付き

同社の「@WEB」は、VRツアーやライブストアといった先進技術が搭載されたCMSだ(一部オプション対応)。小田部社長は「これ以上の機能を持つCMSはない」と自信をのぞかせる。
さらに、①誰でも簡単に操作できる、②場所や時間、利用機器やOSに左右されない、③管理作業が容易で時間がかからないというIT初心者向けでありながら、④初期費用、維持費用が低コストで、⑤アクセス数の増加を確約し、ビジネス成功保証も付いている。

というのも、同社はある時期、ロボット検索エンジンを開発していた。つまり検索エンジンの仕組みを、開発者の立場で理解している。そのためSEO対策は万全で、アクセスアップは簡単だという。実際、@WEBを導入した事業者はほとんど、検索上位をキープしている。

小田部社長は「@WEBは今後、ホームぺージ作成業者への販売を中心にして、弊社はクラウドシステムの管理に徹したい。そうすれば、新たな開発を進めることができる」と語ってくれた。次はどんなアイデアが具現化されるのか、今後の活躍に注目したい。

取材日:2018年10月17日

企業情報

株式会社つくばマルチメディア

1995年にウェブシステム開発の会社として筑波研究学園都市の研究者の協力により設立されました。茨城の民間企業最初の作成以来、現在までウェブシステムの開発を行っております。また、先端技術開発を特徴としており、9件の先進技術開発の公募採択実績があり、現在まで特許取得件数10件を取得しております。

企業情報ページはこちら

SNSでシェアしよう

関連記事