~プラスチックのこれから~

プラスチックを取り巻く環境と、問題解決に挑む企業の取組

プラスチックは、多くの産業で必要不可欠な存在
しかし、その有用性ゆえに、現代においては、一般消費者の身の回りに、必要以上のプラスチックが溢れ「ビニール袋」や「ペットボトル」、「カトラリー類」など、使い捨ての製品にも多用されるようになっています。

TIPS マイクロプラスチックとは?
プラスチック資源のコントロール プラスチック廃棄物と海洋ゴミの削減
第4次循環型社会形成推進基本計画(平成30年6月閣)に基づいて3つの具体的施策が閣議決定されました。

現代においては、どんな企業もプラスチックと無縁ではいられません。
ビジネスの創出にも、必ずプラスチックは関わってきます。
⇒プラスチック関連の動向は見逃せません

今回、新価値創造NAVIでは「プラスチック」に焦点を当て
第4次循環型社会形成推進基本計画の3つの施策をテーマに
最前線で活躍するオピニオンリーダーや、
問題解決に技術をもって挑む企業にお話を聞きました。

プラスチックを取り巻く現況と、新たな可能性を持つ「バイオプラスチック」の最新動向を
専門に研究する第一人者にインタビュー!

①環境負荷低減に資する
「プラスチック使用量の削減」 注目企業

■主原料は紙。MADE IN JAPANの新素材でプラスチックの使用量を大幅に削減


■石灰石から作り出す新素材。生成に水を使用せず、リサイクルも容易。

②プラスチックの効率的・
効果的な回収・再生利用 注目企業

Coming soon!

Coming soon!

③バイオプラスチックの普及、
化石燃料プラスチックの代替促進 注目企業

■植物由来のバイオプラスチック素材に新たな付加価値を見出す


■オール樹脂製の医療器具の製作と次世代の新素材として注目されるセルロースナノファイバーの開発に挑戦

SNSでシェアしよう