埼玉県

株式会社ウインテック

環境、防災、社会・地域課題

Win Tech Inc.企業ウェブサイトはこちら

新価値創造展2017出展 〒337-0051 埼玉県さいたま市見沼区東大宮6-43-7 TEL: 0486830015代表者 代表取締役 佐藤 磨壮留

法人番号:5030001000974

SHARE
  • facebook
  • twitter

環境、防災、社会・地域課題 ウインテックサステナブルフロア工法

コンクリート床を削り磨き上げることで大理石のような輝きを持たせる新しい技術の床工事

生産施設や物流施設の過酷な環境に長期間耐えられ剥がれない塗膜にするには、既存の古い塗膜や劣化した下地を全て削り取り、健全で密着性の高い新たな下地を作る事が重要です。これまでの補修工事では、塗膜の上に塗膜を塗り重ねる工法が大半で凹凸面になり易く、剥がれ易いため短期間で再補修工事が必要となりその都度工場内の機械移動、復旧、施工立会いなどの人件費負担、また新たな材料を使い空缶や養生フィルムなどの産業廃棄物を発生させ、環境に優しいとは言えません。改修工事で6割を占めていると言われる下地処理を重視して頂き、長寿命化によるトータルコストダウンとバリュープランをご提案し高い資産価値の維持に貢献致します。

製品長所
●短時間施工
作業能力が高い大型タイプ、狭い場所で能力を発揮する小型タイプとハンドタイプなど、指定時間内に施工を完了するため機械の選別台数など状況を把握検討しご提案。
●粉塵対策
ハツリピックを除く下地処理機械には高性能集塵機付で特にオリジナル集塵機は、削りゴミを袋詰状態で搬出し、粉塵の飛散を最小限に抑える。
●安全・安心
100V用ハンドタイプの電源はダウントランスで200Vから100Vに変圧しますので場内のパソコン、タイマー、温度センサーなど、重要な回路のブレーカーを遮断する心配がない。
●適切な施工
移動出来ない機械下、剥がれ易いグレーチング廻り、段差調整、端部処理、材料の無駄を抑えるヘッドカット工法、2種類の違う機械を組み合わせる複合工法など、仕上材の密着性と美観を重視し細部まで考慮した提案。
●開発改良
新型下地処理機械の導入と機械の開発改良や材料メーカーと協同で新素材の下地処理工法の検討など進化するニーズに対応している。
納入実績
倉庫、工場のコンクリート床の削り、塗床から石材床の清掃等、当社における新設や改修の床修繕等