東京都

タナシン電機株式会社

生産技術、新素材、IoT、ロボット

Tanashin Denki Co.,Ltd企業ウェブサイトはこちら

〒158-0097 東京都世田谷区用賀4-10-4世田谷ビジネススクエア ヒルズ3 4F TEL: 0366891177

法人番号:9010901007299

お気に入りに追加

SHARE
  • facebook
  • twitter

生産技術、新素材、IoT、ロボット 漏洩電流・絶縁劣化監視技術「Modes-IO(モデスイオ)」

当社独自の特許技術で、これまで見えなかったインバータ出力側の絶縁劣化を見える化!

設備稼働中に三相モータ/ACサーボモータの絶縁劣化状態を常時監視できる技術です。
インバータの「出力電圧」及び、「漏洩電流(I0)」の信号を測定し、その中から絶縁劣化に起因する成分「抵抗成分漏洩電流(I0r)」を算出します。更に「出力電圧」と「抵抗成分漏洩電流(I0r)」の値を用いて「絶縁抵抗」を算出します。

【概略仕様】
・測定対象:三相デルタ結線、三相スター結線を使用した設備全体およびインバータ出力部
・対象モータ容量:全ての低圧三相モータ/ACサーボモータ
・測定電圧範囲:相電圧10~600Vac
・測定漏洩電流範囲 設備全体:0.000~999.999mA インバータ出力部:0.000~99.999mA
・絶縁抵抗値測定範囲:0.000~999.999MΩ
※仕様は変更となることがあります。

製品長所
・技術的特徴
インバータ出力側(インバータ二次側)を稼働状態で測定ができる点です。
インバータ二次側は高周波などのノイズ成分が多いため、正確に測定することが非常に困難でしたが、Modes-IOではノイズの多い環境でも必要なデータを抽出し、正確に測定することが可能となりました。

・ユーザーメリット
これまで、三相モータの絶縁劣化状態を監視するためには、設備の電源を停止し、配線を切り離す必要がありましたが、Modes-IOを使えばそのような手間が省けます。
設備稼働状態のデータを用いた傾向監視が可能になるとともに、蓄積したデータを元に予兆監視への応用も期待できます。
納入実績
自動車製造業、製鉄業等、設備の点検や状態監視として運用開始されている企業もあります。
想定される
用途、業種・業態
・工作機器、マシニングセンタ、ポンプ等、モータを使用した設備をお持ちの皆さま
・高温高湿、粉塵等、過酷な環境で絶縁劣化が進みやすい工場の皆さま
・設備の突発停止が大きなロスを生んでしまう業種の皆さま
・24時間稼働の為、止められない工場の皆さま
・広大な敷地、多数の設備をお持ちで、絶縁抵抗点検に多大な工数を要する工場の皆さま
・IoT化推進により、設備の常時監視と傾向管理を重要視されている皆さま