福岡県

芙蓉開発株式会社

健康、予防、医療、介護

Fuyo-kaihatsu Co.,Ltd企業ウェブサイトはこちら

〒812-0015 福岡県福岡市博多区山王1丁目10-29 TEL: 0924718585

法人番号:4290001019783

お気に入りに追加

SHARE
  • facebook
  • twitter

健康、予防、医療、介護 バイタルAPI

コア技術「バイタル異常値検知」「バイタルスコアリング」で健康リスクの見える化!

安診ネットは利用している方の健康情報などを入力し、その情報をAIが分析・整理する健康管理システムです。コア技術である「バイタルの異常値検知」「バイタルスコアリング」で個人ごとのバイタルの評価基準を作成し、その評価基準から健康リスクを判定します。バイタルAPIはこの2つのコア技術を医療・ヘルスケア製品に簡単に導入することが可能となります。

製品長所
コア技術である「バイタル異常値検知」と「バイタルスコアリング」を活用してバイタルデータを管理することで、個人ごとの評価基準が作成され、健康リスクの早期発見や重症化予防につながります。実際に運用している現場では、健康管理に対する共通認識を持つことができるようになり、医療や介護従事者のスキルに依存しない健康管理が可能になります。
バイタルAPIを利用することで、様々な医療・ヘルスケア製品にこれらのコア技術を導入できます。今までバイタルデータを収集・表示するだけだった製品が、そのデータを活用し、ユーザに理解しやすい情報を提示することで製品の付加価値となります。他社製品との差別化に加え、ユーザにとっての分かりやすさが継続利用にもつながります。
納入実績
バイタルAPIはすでに介護現場で実績のある安診ネット カイゴのコア技術となります。介護現場では「バイタルスコアリング技術」を活用することで健康管理面の効率化や質の向上、従事者の労務負担も軽減し、働き方の改善にもつながっています。
想定される
用途、業種・業態
医療またはヘルスケア業界で当社のAPIを利用していただくにより、様々な用途が想定されます。例えば電子カルテと連動することに患者の健康リスクを知らせることはもちろん、ベッドセンサや見守りシステムと連動することで自動的にバイタルデータを収集し、リアルタイム性のある健康リスク表示も可能になります。

芙蓉開発株式会社 | その他の製品・技術・サービスのご案内

  • 製品情報 2

    安診ネット One

    安診ネット Oneは健康リスクを見える化!「勘」から「科学的」な健康管理を

    詳細はこちら

    健康、予防、医療、介護