大阪府

株式会社坂口製作所

生産技術、新素材、IoT、ロボット

SAKAGUCHI MANUFACTURING Co.,Ltd企業ウェブサイトはこちら

新価値創造展2017出展 〒557-0054 大阪府大阪市西成区千本中2-4-14 TEL: 0666617007代表者 代表取締役 坂口清信

法人番号:9120001135816

お気に入りに追加

SHARE
  • facebook
  • twitter

生産技術、新素材、IoT、ロボット アルミ、ステンレスの板金、溶接加工サンプル

全国競技会でも上位入賞! 国内最高クラスのアルミ・ステンレスの板金・溶接加工技術

一般的に難しいとされるアルミの溶接ですが、実はこれこそ弊社が最も得意とするところ。和歌山工場にはJISのアルミ溶接資格保有者が26名(保有資格数162件)在籍しており、全国に7か所しかない軽金属溶接構造物製造工場M級認定も取得しています。またアルミ溶接技能を競う全国軽金属溶接技術競技会でも優勝するなど、その実力は折り紙つきです。ステンレス溶接のJIS資格保有者名も16名が在籍、こちらも競技会で優勝経験があります。さらに板金加工分野でも、大きなコンテストで上位入賞を果たしています。このように弊社は板金・溶接加工全般に高度な技能を有しており、およそアルミ、ステンレス製のものであれば作れないものは無いと自負しております。また最近はアルミより軽量なマグネ合金や、薄板、異材の溶接にもチャレンジしています。本展示会では弊社加工レベルを体感いただける各種サンプルを出展します。

製品長所
アルミ加工品の長所は、軽量で耐食性に優れ、かつリサイクルも容易な点です。通常の環境であれば、アルマイト処理により塗装無しで使用することが可能です。一方、ステンレスは強度があり、耐食性に優れています。弊社はアルミ・ステンレス専門の板金・溶接加工業者として、これまで幅広い分野に多種多様な製品を納入してきた実績があります。その中で様々なノウハウを蓄積してきました。現状鉄で製作している製品の軽量化、耐食性向上に、アルミやステンレスへの素材変更は非常に有効な手段となります。さらに弊社ではアルミよりもさらに軽量なマグネシウムの溶接技術の開発も進めております。
納入実績
アルミ加工品では、新幹線をはじめとする鉄道車両の部材を、国内大手重電企業(㈱東芝様、三菱電機㈱様など)、鉄道車両メーカー(近畿車輛㈱様など)に提供しています。またJR、私鉄向け信号用器具箱のアルミ筐体も信号機メーカーに納品しています。一方ステンレス製品でも原子力関連など高精度・高信頼性を要する製品の納入実績があります。その他製薬、食品、半導体設備など様々な産業分野に多種多様な製品を納品しています。
想定される
用途、業種・業態
製品予想用途としては軽量化、耐食性向上が必要で、鉄等からの素材変更を検討している製品や、アルミ(またはマグネシウム)およびステンレスの溶接加工先がみつからず断念した製品等を想定しています。業種的には従来の鉄道車両、製薬、食品製造、半導体・液晶設備の他、農業、防災、介護関連でも軽量化のニーズはあると考えております。

会社資料ダウンロード

資料をダウンロードするには、会員登録が必要です。