埼玉県

株式会社東京理工舎

生産技術、新素材、IoT、ロボット

TOKYO RIKOSHA Co.,Ltd企業ウェブサイトはこちら

〒338-0823 埼玉県さいたま市桜区栄和1-4-30 TEL: 0488563851

法人番号:1011501003150

お気に入りに追加

SHARE
  • facebook
  • twitter

生産技術、新素材、IoT、ロボット 1.サイリスタ式電力調整器 2.縦型スライドトランス

1.業界ではサイリスタ式電力調整器の事をバリタップとも言われており、シ ンプルなものから通信機能を持ったものまで多彩なバリエーションで、生産量は、日本一です。 2.縦型で新しい形のスライドトランスです。

1.サイリスタ式電力調整器(VSCXシリーズ)
 速断ヒューズが全機種標準装備で、電源の瞬時停電を検知して自己保護機能が高くなっており、また変圧器の1次制御時、ヒューズが切れにくく設計されている。品質的に高い製品となっている。またオプションにて通信機能付き(RS-485/Modbus))にもなり、使用用途をより広めている。CEマーキング対応である。
2.縦型スライドトランス
 1機種で3回路構成
  ①非絶縁スライドトランス 0~130V、絶縁トランス 0~130V
  ②非絶縁トランス 0~260V
  ➂中性線単相3線
  従来のスライドトランス2台分を備えており、新しい発想の物である。機能 もアップしている。 

製品長所
1.サイリスタ式電力調整器
 速断ヒューズを全機種に標準装備したことは、他社にはない事であり、ユーザーにとっては煩雑さが減りメリットである。価格的には、トータルコストとしては競争力がある。
 重複するが、電源の瞬時停電を検知することで、一次的に電源を切り本体を保護し、その結果ヒューズを切れにくい状態を作り出す。壊れにくい製品となっているため、ユーザーには大変大きなメリットである
2.縦型スライドトランス
 スライドトランスとして、絶縁型、非絶縁型の2台分を持ち合わせておりなが ら、形状的にスリム化してある。もし設備用電源の操作盤に組込む際、小型化が可能となる。3回路を組み合わせで作ることが出来、1台で今までにない使い方が出来る。
 
納入実績
1.サイリスタ式電力調整器
 全シリーズ対象として
  半導体製造装置関連、医療関連:ヒーター制御として 3,000台/年
                 クリーンルームのファン制御として
                 10,000台/年
  自動車製造設備関連:ヒーター制御として 500台/年

2.縦型スライドトランス
 市場への投入は、これからである。

 
想定される
用途、業種・業態
1.サイリスタ式電力調整器
 今後も主体は半導体関連が考えられるが、通信機能付きに関しては、規模の大 きい設備へのアプローチが必要と考える。プラント的な装置を扱うユーザー-へ の販売を目指す。医療関連へも展開。
2.縦型スライドトランス
 従来のスライドトランスを制御盤に組込んで使うユーザーへ思考変えた観点での活用を狙う。
 また、教育用としては、理科、工業系の学校への販売を狙いたい。

株式会社東京理工舎 | その他の製品・技術・サービスのご案内

  • 製品情報 2 新価値創造展2017出展

    サイリスタ式電力調整器:バリタップ ウェーブ

    用途にあった電力調整器をご提案いたします

    詳細はこちら

    生産技術、新素材、IoT、ロボット