京都府

アイ’エムセップ株式会社

生産技術、新素材、IoT、ロボット

I’MSEP Co.,Ltd企業ウェブサイトはこちら

〒600-8813 京都府京都市下京区中堂寺南町134番地 TEL: 0774632051

法人番号:1130001026749

お気に入りに追加

SHARE
  • facebook
  • twitter

生産技術、新素材、IoT、ロボット 世界に類を見ない革新的「溶融塩電気化学プロセス:MSEP」 

金属表面処理、ナノ粒子製造、リサイクル技術など、新しい技術を探索されている方、是非一度ご相談下さい!

「溶融塩電気化学プロセス」技術全般 ・水溶液系では析出困難な金属の電析が可能 ・各種材料の高機能化や様々な新材料の創製の可能性を広げる「炭素めっき技術」 ・バインダーや導電剤などを用いずに基材上にダイレクトに膜を形成できる ・筒状や凹凸のある複雑な形状にも対応できる。「ナノ粒子製造技術」 ・高融点金属などの従来技術では取り扱えなかった多様な元素を対象にできる ・回転円盤方式により、極めて微細で均一な粒子の形成が可能「金属リサイクル技術」 ・さまざまな希少元素を対象とすることができる

製品長所
「溶融塩電気化学プロセス」技術全般 ・常圧で取り扱うことができる ・ほぼ全ての元素を対象にできる「炭素めっき技術」 ・CVD、PVDなどの気相法のような高圧環境が不要で装置構成がシンプルにできる ・バレル方式やロール・ツー・ロール方式の生産方式への対応も期待できる「ナノ粒子製造技術」 ・工場内などで廃材として回収される希少金属などを再利用し、高付加価値化 ・回転円盤方式により極めて微細で均一な粒子を形成することが可能 (一例)一次粒子径10nm程度の極めて微細なニッケルナノ粒子の形成にも成功「金属リサイクル技術」 ・選択的金属溶出と析出により、従来の溶媒抽出法に比べ工程を大幅に削減
納入実績
・金属材料メーカー、自動車部品メーカー、表面加工処理事業者等への、炭素めっき技術を始めとする溶融塩電解技術による表面処理技術の技術指導ならびに共同研究・コンデンサメーカーとのナノ粒子製造技術の共同研究・貴金属リサイクル事業者、磁気材料メーカーとの金属リサイクル技術の共同研究・金属材料メーカーからの金属高純度化に関する受託研究
想定される
用途、業種・業態
新材料・新素材、環境・エネルギー分野の技術革新に向けた研究開発「炭素めっき技術」 ・燃料電池用セパレーターへの適用 ・リチウムイオン電池・電気化学キャパシタ用集電体への適用「ナノ粒子製造技術」 ・タンタルナノ粒子やニッケルナノ粒子のコンデンサーへの適用 ・銀ナノ粒子や銅ナノ粒子のプリンテッドエレクトロニクス分野への適用「金属リサイクル技術」 ・ネオジム磁石からの有価金属回収