京都府

イズテック株式会社

生産技術、新素材、IoT、ロボット 健康、予防、医療、介護

izutech Co.,Ltd企業ウェブサイトはこちら

〒621-0005 京都府亀岡市保津町荒金24-2 TEL: 0771-23-5717

法人番号:6130001035448

お気に入りに追加

SHARE
  • facebook
  • twitter

生産技術、新素材、IoT、ロボット 割り箸の自動帯巻機

軽量化され簡単に持ち運びができる割り箸の自動帯巻機

100Vの電源に差し込むだけで稼働できる。
割り箸を治具に乗せるだけで全て自動で帯巻ができる。
ロール紙にラミネートしておりヒーターでの熱接着であり一年以内では剥がれない。(CPUでヒーター部の温度管理をしている)
料理屋さんの屋号印も自動機の加工の中で印字ができる。
一善当り2.5秒(機械の稼働時間)で帯巻ができる。
割り箸の種類に応じてCPUが帯巻紙の長さを調整する。

製品長所
内職等で手巻きしている為、帯巻位置のズレが大きく外観上見にくい。又、手巻きの為、非衛生的(ノロウイルス、O157等)ですが、自動機では手袋等で取り扱う為、衛生的である。
ロール紙を使用する為、帯紙費が0.25銭(屋号印含む)になるが、手巻き用帯紙費は約4円(屋号印刷費含む、5000枚~10000枚/ロット)
自動機では一善当り2.5秒で帯巻できるが、手巻きは約12秒かかる。又、内職の件数が多く集める手間が大変。しかし自動機は一台で内職20件分出来る。
屋号印は15秒で交換できお客様必要数に応じて50善100善でも対応可能。
自動機内の一部専用治具を交換することで15種類以上の割り箸が巻ける。
納入実績
お箸の製造業者、卸業者等 21台
想定される
用途、業種・業態
割り箸の製造業者、飲食業会、割り箸の販売卸業者等

イズテック株式会社 | その他の製品・技術・サービスのご案内

  • 製品情報 1

    サージカルカッターくるりん

    サージカルテープカッターは切ると同時に先端部に折り返し部(タブ部)ができる。

    詳細はこちら

    健康、予防、医療、介護

  • 製品情報 2

    くるりんカッターユニット

    テープを切ると同時に先端部に折り返し(タブ部)ができる「すぐれもの」

    詳細はこちら

    生産技術、新素材、IoT、ロボット