奈良県

株式会社日本抗菌総合研究所

生産技術、新素材、IoT、ロボット

JapanAntivirusRes.Inst., Ltd.企業ウェブサイトはこちら

〒630-8002 奈良県奈良市二条町3-3-8 TEL: 0742360215

法人番号:2150001020162

お気に入りに追加

SHARE
  • facebook
  • twitter

生産技術、新素材、IoT、ロボット 可溶性水酸化カルシウム

化粧品・医薬部外品規格にも対応させることが可能な新素材「可溶性水酸化カルシウム」

【可溶性水酸化カルシウムの性能】
◆液性:強アルカリ性(pH12)

◆除菌性能(細菌・ウイルス名/除菌率)
ノロウイルス/99.9997%
大腸菌/99.9%
サルモネラ菌/99.9%
腸炎ビブリオ菌/99.9%
MRSA/99.9%
緑膿菌/99.9%
コリネバクテリウム/99.9%
カンピロバクター/99.9%
メチルバクテリウム(ピンクカビ)/99.9%
ロドトルラ属酵母(赤カビ)/99.9%

◆消臭率(成分/消臭率)
ジアセチル/99%
ノネナール/96%
硫化水素/99.8%
アセトアルデヒド/99.9%
アンモニア/90%
酢酸/99.9%
イソ吉草酸/99.9%

◆閉鎖法パッチテスト
皮膚刺激指数:0.0
評価:安全品
(化粧品・医薬部外品製造販売ガイドブック2011-12に準拠した試験)

◆用途
除菌、消臭、防腐目的として、日用品・化粧品・医薬部外品等の製品に配合可

製品長所
水酸化カルシウムは、食品添加物の一つとしてコンニャクの凝固剤や中華麺のかんすいに利用されている素材であり、極めて高い除菌力を有するため家畜の伝染病が発生した際に防疫を目的に使われる素材です。
そうした背景から、水酸化カルシウムは天然の除菌・消臭剤としての利用が見込まれ、様々な企業で研究開発が進められておりましたが、難溶(溶解度0.2%)であるため、水溶液をフィルターでろ過する等して作水する他ありませんでした。
弊社は創業以来、水酸化カルシウムの研究開発を重ねてきた結果、難溶の水酸化カルシウムの可溶化に成功し、国際特許出願致しました。溶解度が0.2%で飽和水溶液になっていた従来の水酸化カルシウムに比べ、①高濃度仕様の実現(例:1%以上)、②配合品により性能カスタマイズ可能(食品添加物規格、化粧品・医薬部外品規格、日本薬局方規格に対応)であるため、様々な産業の企業と共同開発を実施しております。
納入実績
・大手小売企業/除菌・消臭関連PB商品【ウェットシートの薬液】
年間:150万個以上

・ホテル・レストラン事業者/HOTAPA PRO(業務用)
客室の消臭やノロウイルスの疑いのある嘔吐物の処理を目的に使用。
採用実績企業:4社(2019年4月発売以降の実績)

・一般消費者向け/HOTAPA(自社NBブランド)
自宅で作れる除菌・消臭スプレー「HOTAPA PRO CLEAR」に採用。
想定される
用途、業種・業態
〇畜産関連
・畜舎の除菌・消臭(アニマルウェルフェアの観点から対応が求められている)
・卵の洗卵(サルモネラ菌等の除去)

〇食肉加工関連
・カンピロバクター対策(除菌率99.9%)

〇化粧品・医薬部外品
・ボディーソープ等に配合することで消臭効果向上(化粧品・医薬部外品規格対応)

〇VOC対策
・シックハウス原因物質低減効果(ホルムアルデヒド/消臭率95.8%)

株式会社日本抗菌総合研究所 | その他の製品・技術・サービスのご案内

  • 製品情報 1

    可溶性水酸化カルシウム

    多種多様な製品に合わせて性能をコントロール可能な新素材「可溶性水酸化カルシウム」

    詳細はこちら

    生産技術、新素材、IoT、ロボット

  • 製品情報 3

    高揮発性有機化合物【VVOC】低減・除去剤

    低濃度域のアルデヒド基でも低減・除去効果を発揮

    詳細はこちら

    生産技術、新素材、IoT、ロボット