東京都

株式会社NAZCA

生産技術、新素材、IoT、ロボット

NAZCA CORPORATION Corp企業ウェブサイトはこちら

〒111-0053 東京都台東区浅草橋二丁目23-8足立ビル2F TEL: 0362409876

法人番号:6070001014747

お気に入りに追加

SHARE
  • facebook
  • twitter

生産技術、新素材、IoT、ロボット CS1(自己組織化法によるフッ素成膜)

簡単・瞬時に出来るフッ素のバリア。汚れにくく、付いた汚れは落ちやすい。酸性雨から守る。

安価で安全、手軽で素早く、誰にでも簡単にフッ素の結晶膜を成膜することが出来き、半永久的に防汚、撥水、發油機能を基板に付与致します。また、耐薬品性に優れているため、基板を腐食から守り、結晶膜で成膜されているため、水蒸気バリアとしての効果も発揮出来ます。

製品長所
CS1のフッ素成膜技術は、特殊な環境を要せず化学修飾により共有結合で瞬時にフッ素の結晶膜を成膜させる世界初の技術です。安価で安全、手軽で素早く、誰にでも簡単にスマートフォン、タブレット等々のタッチパネルに、フッ素の結晶膜(膜厚1.2nmの単分子)を成膜することが出来る技術です。2種の薬液による成膜法であるので基板の大きさに制限を持たない特徴があります。従来技術では、ゾル型を基板に定着させるか、真空、高温、高圧力、特殊光線等々の環境下での蒸着法があるが、本開発は、材料・基板の表面を1液で表面改質処理し、2液で成膜作用を行う極めて簡便でスピーディーな成膜法です。
納入実績
スマートフォンやタッチパネルの防汚処理として大手量販店で扱っています。また、カー用品メーカーより自動車のフロントガラスの防汚、撥水処理用として販売され、建設関係ではビルの窓ガラスや駅ビルのガラスに使用されています。最近では半導体製造過程で使用されるスクラバー内の熱交換器プレートの耐薬品性向上ために、大手半導体メーカーよりCS1処理(フッ素成膜)を受注致しました。
想定される
用途、業種・業態
CS1はガラス(SiO₂)との相性が非常によいため、汚れを嫌うガラスに使用が期待されます。例えば、ビルガラス、ショーウィンドウ、ショーケース等。また、耐薬品性に優れているため、薬品の腐食を嫌う基板や容器に使用が期待されます。

株式会社NAZCA | その他の製品・技術・サービスのご案内

  • 製品情報 2

    シーエスワン

    誰でも簡単にすぐ出来るフッ素のバリヤ

    詳細はこちら

    生産技術、新素材、IoT、ロボット