東京都

MIRAI-LABO株式会社

環境、防災、社会・地域課題

MIRAI-LABO Co.,Ltd企業ウェブサイトはこちら

〒193-0835 東京都八王子市千人町3-3-20 TEL: 0426737113代表者 代表取締役 平塚 利男

法人番号:9010101008362

お気に入りに追加

SHARE
  • facebook
  • twitter

環境、防災、社会・地域課題 リフィルバッテリー式発電機『G-CROSS』

電力を継続供給できる【世界初】の電源装置

電力を継続供給できる世界初のリチウムイオンバッテリー式の電源装置。ガソリン式発電機の抱える「排気ガス・騒音・給油の危険性」と、蓄電池の抱える「運搬性・継続性の低さ」の両方の問題を解決する製品となっています。G-CROSS本体の中には同時に最大4本のリフィルバッテリーが入り、挿入されているバッテリーと予備のバッテリーを無瞬断で交換することができるため、一度も電力供給を中断することなく継続供給します。バッテリーの端子は触れても感電しない設計となっており、誰でも安全にバッテリーを着脱交換することが出来ます。また、本体とバッテリーの分割構造により、人力のみでの移動が可能です。

製品長所
従来のガソリン式発電機は、燃料であるガソリンが切れると一度電力の供給を中断し、給油しなくてはなりません。しかし、電力の供給を継続したいがためにエンジンをかけたまま給油し、爆発する事故が多々発生しています。本製品は電力供給を継続したままバッテリーの交換(燃料補給と同等)が出来ます。これは使い切ったら充電するまで使用不可能であった従来蓄電池の常識も覆しています。またガソリン式発電機や従来型の蓄電池は非常に重く、重機がないと運搬が不可能で、車両への積み下ろしや移動が困難である事も問題点の一つでした。本製品はそれぞれのバッテリーと本体を分割することで、人力のみで移動を可能とした画期的な製品です。例えば、停電時にエレベーターが止まっても、階段による移動が可能です。さらに運搬用の特殊車両が不要なため、大幅なコスト削減も実現します。
納入実績
電力会社
想定される
用途、業種・業態
夜間道路工事ではガソリン式発電機が主流ですが、近年多発している道路工事現場での火災により、施主が工事帯へのガソリンの持ち込みを制限しています。本製品を採用することで、工事帯への“ガソリン持ち込みゼロ”を実現することも可能になります。また、災害発生後必要な場所に人力で運搬でき、誰でも安全に使用できる利便性から、自治体の防災備蓄、企業のBCPの備蓄として活用できます。

会社資料ダウンロード

資料をダウンロードするには、会員登録が必要です。