SDGsエスディージーズ ってつまり何?
今さら聞けない皆さんの疑問を解消します!


「SDGs」は、新価値創造展2019の開催テーマの一つです。新聞やテレビなどでも目や耳にする機会が日に日に増えていることと思いますが、その実態をきちんと理解している人はそれほど多くないのではないでしょうか? どんな活動がSDGsを前に進める取り組みと定義され、またどんな取り組みがSDGsの領域で求められているのか──。当コーナーに、サイト内の関連記事や外部の関連サイトなどへのリンクをまとめました。あなたの企業にSDGsを取り入れるため、ぜひお役立てください。



世界と日本のSDGs対応

2015年9月の国連総会で、参加した150を超える加盟国首脳の全会一致で採択されたSDGs。世界と日本ではそれぞれどのような対応・取り組みが進んでいるのでしょうか?

世界での動き

持続可能な世界を実現するため、2030年までに達成すべき17のゴールと、それをさらに細分化した169のターゲットからなるSDGs(Sustainable Development Goals / 持続可能な開発目標)。各国政府がSDGs達成のための政策や法整備を進めるなか、GAFAをはじめ世界のリーディングカンパニーらも独自のSDGs対応を加速させています。

日本での動き

日本では、総理大臣を本部長とする「SDGs推進対策本部」が2016年5月に設置され、行政、民間機関、NGO・NPO、有識者等で構成する「SDGs推進円卓会議」における対話を経て、同年12月に、今後の取り組みの方向性を決定づける「SDGs実施指針」を打ち出しました。同指針の8つの優先分野に取り組みための具体的な施策をアクションプランとして策定し、産学官民で取り組みが進められています。


<SDGs実施指針の8分野>
①あらゆる人々の活躍の推進、②健康・長寿の達成、③成長市場の創出、地域活性化、科学技術イノベーション、④持続可能で強靭な国土と質の高いインフラ整備、⑤省エネ・再エネ、気候変動対策、循環型社会、⑥生物多様性、森林、海洋等の環境の保全、⑦平和と安全・安心社会の実現、⑧SDGs実施推進の体制と手段

SDGsをビジネスチャンスに!
「環境」と「ナノテク」の専門家が時代と中小企業の接点を分析

「新価値創造NAVI」では、SDGsを中小企業のビジネスチャンスに結びつける方法について、これまでに「環境分野」と「ナノテク等材料分野」の専門家を取材し、それぞれの立場からのお考えを伺ってきました。ここでは両連載の概要を改めて紹介するとともに、記事内に登場した企業にもフォーカス。各社のバラエティに富んだ活動は、SDGs対応を進める上での手がかりとなるはずです。


NPO法人環境文明21 顧問 / 環境文明研究所 所長

加藤三郎 氏

環境庁(現・環境省)の地球環境部初代部長という肩書を持つ加藤三郎氏。退官後は環境文明研究所・NPO法人環境文明21を立ち上げ、今度は民間の立場で地球環境問題と向き合ってきました。官民両方の立場で半世紀以上環境と関わってきた加藤氏が考える、SDGsの時代に中小企業が進むべき方向性とは何か──。全4回にわたって掘り下げています。


>> 連載第1回
「SDGsは中小企業にとっての重要な経営指針になる」

>> 連載第2回
「SDGsのなかに多様なビジネスチャンスが潜む」

>> 連載第3回
「SDGsへの取り組みで売上増や経営力強化も実現」

>> 連載第4回
「SDGsを羅針盤・共通言語として、理想の新価値創造を」


ホットマン株式会社
国内初となる日本製フェアトレードコットンタオルを製造して新規取引が増加。

国立研究開発法人科学技術振興機構 研究開発戦略センター 上席フェロー

曽根純一 氏

国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)の研究開発戦略センター(CRDS)で、ナノテクノロジー・材料ユニットの上席フェローを務める曽根純一氏。第4次産業革命やSDGsという世界規模の動きがナノテクや素材領域に与える影響、それらと中小企業の関係性などについて、4回にわたる連載の中でその核心に迫っています。


>> 連載第1回
「SDGsと第4次産業革命のもとで「ものづくり」はどう変わるか」

>> 連載第2回
「SDGs時代の社会的課題の解決に求められる技術とは」

>> 連載第3回
「中小企業が技術を武器に社会的課題を解決するには」

>> 連載第4回
「SDGsと第4次産業革命が変える社会で自社技術を活かす」


つばめBHB株式会社
アンモニアの自社内製造を可能にする装置を、東京工業大学や大手企業との連携で開発。

ペプチドリーム株式会社
東京大学の人工RNA触媒を活用し、多彩なペプチド治療薬の素材を提供。

株式会社FLOSFIA
京都大学と共同で次世代型電力用デバイスの研究を進め、省エネルギーに貢献。

企業の代表者に聞くSDGsに取り組む意義とは?

加藤三郎氏の連載に登場する株式会社大川印刷に、直接お話を伺いました。


株式会社大川印刷

SDGsを経営戦略に取り入れながら多数の新規取引先を獲得し、第2回ジャパンSDGsアワードで「国内外でのロールモデルとなりうる」と政府にも認めた株式会社大川印刷。同社が「なぜ」「どのように」取り組みを始めて成功させていったのか、そのポイントを代表取締役社長の大川哲郎氏に伺っています。


大川印刷が取り組んでいるSDGs



>> 連載第1回
「中小企業としてSDGsを経営戦略に取り入れ、多数の新規取引先を獲得」

>> 連載第2回
「SDGsに対する社員の理解を得て、社会に新しい価値を提供」

SDGsで求められている取り組みとは?
ゴール別の実例の一部をご紹介

SDGsの各ゴールでは、具体的にどのような取り組みが求められているのでしょうか。ここでは、4つのゴールを取り上げ、外務省の「JAPAN SDGs Action Platform」に掲載されている取り組みの一部を紹介します。

ゴール3「すべての人に健康と福祉を」

ゴール3の目標は、「あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を推進する」ことと定められています。


健康維持に資する機能を繊維素材に付加
三山株式会社

繊維原料販売という事業を通じた社会課題解決を目指す企業。国内外のさまざまな薬剤会社と協力し、抗菌・防カビ・消臭・防虫・UVカットなどの効果を付加した各種機能性繊維素材の開発・加工・販売を行っています。この取り組みは、ゴール3のほか、9、11、12、17の達成にも寄与しています。

ゴール9「産業と技術革新の基盤をつくろう」

ゴール9の目標は、「強靱なインフラを構築し、包摂的で持続可能な産業化を促進し、技術革新を育てる」ことです。


データを重ねて表示できる地理情報システム
第一測工株式会社

道路、河川、上下水道など公共インフラのさまざまな関連データを地図や図面上に複合的に重ね合わせて表現できる地理情報システム(GIS)を開発。多くの自治体の迅速で的確な状況判断をサポートしているこの取り組みにより、ゴール11の達成にも貢献しています。

ゴール11「住み続けられるまちづくりを」

ゴール11の目標は、「都市を包括的、安全、強靭かつ持続可能にする」ことです。


自立型エネルギー供給システムの構築
株式会社成宏電機

大規模停電などが発生しても安心して住み続けられるよう、エネルギーの「自産自消モデル」の確立を推進。具体的には、電気自動車(EV)の電池や据え置き型電池と、再生可能エネルギーのベストミックスを目指しています。

ゴール12「つくる責任つかう責任」

ゴール12の目標は、「持続可能な消費と生産のパターンを確保する」ことです。


食品廃棄物を畜産飼料にリサイクル
株式会社日本フードエコロジー

産学官の連携で、食品廃棄物を有効活用したリキッド発酵飼料(リキッド・エコフィード)を開発。廃棄物処理業と飼料製造業の2つの側面を持つ新たなビジネスモデルを実現しました。第2回「ジャパンSDGsアワード」最優秀賞を受賞したこの取り組みは、ゴール12のほか、2、3、7、8、13、17の達成にも寄与しています。


※このコーナーで使用している写真画像はイメージ画像であり、事例4企業の製品等画像とは異なります。

SNSでシェアしよう