ステージプログラム

11/27(水)



A1 10:30~11:30 定員200名

基調講演日本経済再生のシナリオと企業革新

野口 悠紀雄 氏
早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター顧問
一橋大学名誉教授 
人口高齢化が進み、中国の台頭など世界経済の構造が大きく変わる中で、日本経済再生の必要性が高まっている。AIやブロックチェーンなどの新しい情報技術は、さまざまな新しい可能性をもたらすとともに、人々の働き方や組織のありかた、社会の構造などに大きな変革をもたらす。こうした技術の活用を中心に、再生の方向付けを検討する。
A2 12:00~13:00 定員200名

IoT/AIを活用した 科学的介護の実践報告

山岡 勝 氏
パナソニック株式会社 ビジネスイノベーション本部
スマートエイジングケアプロジェクト
総括担当 プロジェクトリーダー
2016年6月に、IoT活用による高齢者施設向け「みまもり安心サービス*1」を事業化。クラウド上にセンシングデータを集約し、データ分析型ケアマネジメント支援サービスとして好評を得ている。介護分野におけるIoT/AI活用や科学的アプローチに向けた活動報告を行う。
「みまもり安心サービス*1」 http://mimamori.apc.panasonic.com

A3 13:30~15:00 定員200名

パネルディスカッション 経済価値と社会価値の両立 
~SDGsの企業実装~

SDGsをどのように企業の経営に生かすか、そしてビジネスを通じて社会課題を解決し、企業や社会のサスティナビリティを向上していく施策について、それらを実践している中小企業経営者に取り組みをお伺いします。経済価値と社会的価値の関係及び両立について議論します。

横田 浩一 氏
(モデレーター)
慶応義塾大学大学院 政策・メディア研究科特任教授
株式会社横田アソシエイツ 代表取締役
中台 澄之 氏
(パネラー)
株式会社ナカダイ 代表取締役/
株式会社モノファクトリー 代表取締役
伊原 智人 氏
(パネラー)
Green Earth Institute株式会社 代表取締役CEO
山本 典正 氏
(パネラー)
平和酒造株式会社 代表取締役社長

A4 15:30~16:30 定員200名

ロボット技術と未来社会

古田 貴之 氏
千葉工業大学 
未来ロボット技術研究センター所長
ロボット技術で人々の文明・文化の進歩に貢献することが、未来ロボット技術研究センターの活動目的である。ロボットの研究は工学全般にかかわる複合的な領域であり未来の社会・生活・文化を形成する要素として不可欠なロボット技術である。本講演では、目的に応じた最適な姿を目指して開発してきたロボットおよびその技術を紹介する。

※演題・内容は予告なく変更する場合があります。